女性ホルモンバランスによって無駄毛の濃さに影響

ホルモンの分泌は、脇脱毛と関わりがあるものです。

エステなどでは脇のムダ毛の量や範囲により、脱毛処理に掛かる料金が異なる場合もあるそうです。

脱毛をおこなうべき範囲やムダ毛の濃さは個人個人で異なるため、エステの金額にも差が出る事があるといわれています。

体毛の量や頭髪の量に個人差があるのは、女性ホルモンや男性ホルモンの量が関わっているといいます。

誕生したときは男女ともだいたい同様の数の毛包があり、男性ホルモンの影響によって変化していきます。

毛包が成長するか退化するかで、およそ14歳くらいまでに毛の量が決まる、とも言われています。

女性ホルモンの分泌が少なくないとムダ毛が少なくなってきます。

脇脱毛が気楽に出来るという人は、女性ホルモンの分泌が盛んだといいます。

ホルモンの分泌は遺伝だけでなく、健康状態、ストレスなども影響するので、脇などのムダ毛の量にもすごくの個人差があるとされています。

女性ホルモンの分泌量によってムダ毛の量や脇毛の再生速度は変わりますが、年齢やストレスの影響もあるといいます。

大豆にふくまれる大豆イソフラボンは、女性ホルモンのように身体に作用して体毛の増加を抑えつつ、お肌の状態をより良いものにする作用があると思われています。

大豆イソフラボンは、納豆や豆腐、豆乳など、身近な食品で気楽に摂る事が出来ます。

大豆イソフラボンを配合した抑毛ローションや抑毛ジェルも人気です。

毎日の脇の脱毛ケアと一緒に併用する事によって、ムダ毛の再生を抑える事が可能です。

Comments are closed.